顎関節症について

健康への意識改革(症例)

健康への意識改革1.jpg 咬合異常が顔貌や咀嚼運動に影響を与え、健康への意欲不足と治療に対する理解不足が虫歯による咬合崩壊を招き、より一層障害を進行させていた。ヘルスカウンセリングにより現実を受け止め、積極的にプラークコントロールするようになり、治療計画の提案を真剣に考えるようになった。
患者  20歳女性

続きを読む "健康への意識改革(症例)"

咬合の安定を考える(症例)

咬合の安定を考える.jpg 虫歯による歯の崩壊があまりにも進むと咬み合わせに変化が起こり、顎関節や全身にも影響を及ぼす。複雑に絡み合った様々な要素を解きほぐし、問題点を説明し治療計画を提案し、全体像と優先順位を相談する。間食を含めた食事の改善とプラークコントロールの定着を目指す。同時に全身状態や口腔内の反応と健康に対する意識の変化を見ながら、順序立てて治療を進めていく。
患者  24歳女性

続きを読む "咬合の安定を考える(症例)"

成人の下顎前突

成人の反対咬合1.jpg 成人の反対咬合は、小さい頃からの食生活やプラークコントロールに影響を与え、虫歯、歯周病さらには歯牙欠損を引き起こしている。咬合のバランスの崩れから顎関節や咀嚼運動にも変化をもたらしている。また、劣等感などの心理的障害や人格形成にも大きな影響を与えている。
 従って、歯牙の欠損や歯周状態、補綴物などの制約に伴う矯正装置の工夫と患者さんのニーズを充分に考慮した治療計画を提案する。そして、それらを説明し、選択・確認してもらい治療をすすめていく。また、予測しがたい口腔内や患者さんの気持ちの変化時にも、現状を伝え、方針の変更を相談し、治療の進め方を再度確認する。

続きを読む "成人の下顎前突"

顎関節強直症

顎関節強直症.JPG 関節内部の骨の癒着や関節周囲の靭帯の石灰化(体の組織内にカルシウムが沈着すること)によって、あごの関節が動かなくなる病気である。
慢性関節リウマチに併発したり,先天性の場合もあるが,外傷や感染の結果生じることが最も多い。炎症では、中耳炎、乳突炎、耳下腺炎、外聴道炎、扁桃腺炎、側頭部膿瘍、下顎骨髄炎が多い。また、幼・小児期に発症すると、単に開口障害だけではなく、患側のあごの発育が障害され、両側の場合では小下顎症を呈する。

続きを読む "顎関節強直症"

口が開かなくなったら

 急に口が開かなくなったら、できるだけ早くに歯科医院へ行こう。遅くなるほど治りにくく、治療期間も長く、治る可能性も低くなる。口の開く量も制限されたり、痛みなどの後遺症も残りやすい。

 先ず原因が何かを調べる。顎関節、咀嚼筋、歯およびそれらの支配神経のどこに原因があるのか。できるだけ侵襲が少なく、リスクの少ない治療方法から順に選択する。

 原因が分かり可能であれば、その日の内に徒手にて開けられるようにする。そして顎関節の安静を保つためのスプリントを装着する。

症例

続きを読む "口が開かなくなったら"

ページの先頭へ戻る