歯科衛生士の仕事

口腔内規格写真の撮り方と歯周インフェクションコントロール

口腔内規格写真の撮り方2.jpg 6日(木)午前中当院にて、松風の歯科衛生士さんと営業マンによる第89回研修会を行った。他院からも4名の歯科衛生士が参加した。
 前半は口腔内規格写真の簡単な撮り方の相互実習を行う。写したい対象物を明確にして、カメラを前後に移動させてレンズとの距離を決める。患者さん役の姿勢と撮影者との位置関係も考慮する。再生した画像を確認して問題点を修正する。また、口角鈎やミラーの選択と使い方も試行錯誤する。
 後半は歯周インフェクションコントロールを学ぶ。エアフローマスターによる赤染めされたバイオフィルムの破壊と「スマートピエゾ方式」超音波スケーラーによる沈着物除去を体験する。

続きを読む "口腔内規格写真の撮り方と歯周インフェクションコントロール"

「がん患者さまの口腔管理の実際」実践編

 がん患者を支える口腔管理・連携事業
講師  辻本好恵先生
     サンスター株式会社 医科歯科営業部
日時  平成24年11月23日(金・祝) 10:00~12:30
場所  石川県歯科医師会立歯科医療専門学校 実習棟2F
対象  歯科衛生士(定員20名)応募者多数の場合は抽選
主催  石川県歯科医師会  

続きを読む "「がん患者さまの口腔管理の実際」実践編"

がん患者さまの口腔管理の実際

講師  辻本好恵先生
     サンスター株式会社 医科歯科営業部
日時  平成24年8月26日(日) 9:30~12:30
場所  石川県立中央病院 健康教育会館 2F大研修室
対象  歯科衛生士(定員200名)
主催  石川県歯科医師会  

続きを読む "がん患者さまの口腔管理の実際"

歯周治療を進めるためのコツと相互実習

 4月17日(火)久しぶりにスタディグループ健口家族の研修会を開きました。レジュメに従い講義と実習を行いました。6名の歯科衛生士が参加し、真剣にメモを取り、熱心に研修を受けていました。実習は、各歯科医院のやり方や用語の統一を図り、3人1組のグループで実施しました。最後には和気あいあいの雰囲気でディスカッションが始まり、これからもこの輪が広がっていく予感を持てました。

続きを読む "歯周治療を進めるためのコツと相互実習"

咬合面に歯石

咬合面に歯石.jpg 歯石は、耳下腺開口部付近の上顎臼歯の頬側部と顎下腺や舌下腺開口部の対面にある下顎切歯の舌側に多く見られる。しかし、臼歯部咬合面に見られることはほとんどない。たまに、対合歯がない場合や寝たきりで口から食べていない方に、歯を覆い尽くし咬合面にまで及ぶことはある。今回、右側上下臼歯部咬合面裂溝に歯石が見られたので、成因を考えてみたい。

続きを読む "咬合面に歯石"

「少量の水で歯磨き」体験

 被災地では貴重な水が使えず歯磨きができなかった。その体験から歯科衛生士を対象とした「少量の水で歯磨き」研修会が行われている。 「いつものように歯磨き剤を歯ブラシにつけ3分間磨き、その後ペットボトルのキャップ1杯の水(およそ8mlくらい)でうがいする、そして、もう1杯の水で歯ブラシを洗う」実習である。頬や舌をうまく使いうがいをすることがポイントである。
 当院でも試み、検討した。様々な提案があった。

続きを読む "「少量の水で歯磨き」体験"

舌の痂皮

 患者さんは寝たきりであり、指示が入らない状態であった。前歯部は開口し、そこから舌が突出し、乾燥状態になっていた。舌尖部に痂皮が観察された。

 口腔ケアの手順は、先ず、2%重曹水または、10%過酸化水素水を浸した綿球で、乾燥部を湿潤する。暫くしてから舌ブラシ、スポンジブラシ、ガーゼなどを用いて2~3日にかけて無理せずに綺麗にする。そして、口内保湿・湿潤ジェル「オーラルバランス」を塗布して保湿する。

続きを読む "舌の痂皮"

口腔ケアグッズ

口腔ケアグッズ1.JPG 受付には、様々な口腔ケアグッズが並んでいる。一人一人に最適なものを提供している。歯ブラシは、数種類の中から本人の持ちやすさや口の中に入った感覚も考慮している。音波ブラシは実際に体験して検討してもらっている。
 歯間ブラシは、その都度サイズを合わせている。また、フロスは、始めにはホルダータイプを選択し、慣れてから糸巻きタイプを勧めている。義歯用ブラシや義歯用洗浄剤は、義歯初体験の方にお話ししている。
 歯磨剤は、カリエスリスクを確認してニーズに応えている。うがい薬や歯間ジェル、染色液、ミラノール、オーラルバランスは、対象となる人に説明している。

続きを読む "口腔ケアグッズ"

思春期の歯肉炎

思春期の歯肉炎1.jpg 思春期の歯肉炎の特徴は、歯間乳頭が球状に肥大することである。主因は口腔内の清掃不良であるが、エストロゲンとプロゲステロンの性ホルモンも影響している。Prevotella intermedia( Bacteroides intermediaと呼ばれていた)はエストロゲンやエストラジオールによって発育が促進される。女性ホルモン分泌の活発な思春期や妊娠時には歯肉浸出液にも混入し、この菌が歯周局所に爆発的に増えてくるために、プラーク量に比べて腫脹が顕著になるように思える。
 また、スポーツ飲料や軟性食品摂取、夜食などの食生活と部活や受験などの生活環境にも踏み込んだカウンセリングも必要である。

続きを読む "思春期の歯肉炎"

兄弟の歯肉炎

兄弟の歯肉炎1.jpg    兄弟の歯肉炎2.jpg

       兄                        妹      

続きを読む "兄弟の歯肉炎"

ページの先頭へ戻る