2011年

講演記録のまとめ(2011年)

 今年もいろんなところから依頼があり、様々な分野のお話をしました。その度に新しい出会いや発見があり、掘り下げて調べる機会も頂き、少し世界が広がりました。また、離乳食連絡会や「義歯ネーム入れ」ボランティア参加時に、保育士、調理師さんや職員、入居者さんたちと交流を深め、意見交換しました。

続きを読む "講演記録のまとめ(2011年)"

医科歯科・新規開業医懇談会

新規開業懇談会.JPG 10月29日に都ホテルに於いて新規開業懇談会が開かれました。その中で「医院経営にあたって」を話題提供しました。レジュメには、医院経営にあたって考えておくべきことをざっと列記しました。太字の項目を重点的にパワーポイントの資料と当院ホームページを利用してお話ししました。最後にまとめて質疑応答がありました。

続きを読む "医科歯科・新規開業医懇談会"

就学時健診時の歯科指導

就学時検診時の歯科指導1.JPG 10月14日(金)の歯科健診終了後に、鶴ヶ丘小学校保護者説明会において、学校長の話、1年担任の説明に続いて、今回初めて歯科指導「噛む力を育てよう」の話をする機会を得ました。レジュメの順に、電子黒板に映し出されるパワーポイントデータの写真や模式図を用いて解説しました。保護者と学校関係者のメモを取る姿や納得した表情が目に入りました。ひとりでも多くの子どもたちに、しっかりとした口や周囲の形態と働きが育って欲しいです。

続きを読む "就学時健診時の歯科指導"

第37回 北陸小児糖尿病サマーキャンプ

サマーキャンプ2011.JPG 内灘町サイクリングターミナルで行われていた、第37回北陸小児糖尿病サマーキャンプ中の8月18日(木)午後7時から「歯科Q&A」の講話と歯科検診を行った。虫歯予防、歯肉炎や糖尿病と歯周炎、そして、食べ方と口の働きについて解説した。熱心に聞き入る姿と反響があり、話をしていて楽しかった。
 唾液分泌の少ないお子さんの虫歯予防対策として、先ず、唾液量の測定をお勧めした。かなり少ない時には、糖分の多い物を食べたり、飲んだりしてから2時間起きていることとフッ素の利用をアドバイスした。また、歯肉炎はていねいなブラッシングで必ず治ることと、踵を床にしっかりつけて姿勢良く左右の奥歯でしっかり噛んで食べることが美味しく、甘みも感じ、薄味になることもお伝えした。

続きを読む "第37回 北陸小児糖尿病サマーキャンプ"

よろず勉強会in能登

と き  2011年7月17日(日)午前10時~午後12時30分まで
ところ  七尾勤労者総合福祉センター(ワークパル七尾)
講演1 演題  日常診療における幼児・学童期の見方、
        小児科診療について
    講師  金沢医療センター小児科部長
        太田和秀氏
よろず勉強会in能登2.JPG講演2 演題 歯周病に対する当院の考え方(医科歯科連携の視点で)
    講師 石川県保険医協会理事
       小島歯科医院 院長 小島 登
対 象  保険医協会会員
主 催    石川県保険医協会 学術保険部・歯科部
申込み  電話 076-222-5373
     FAX 076-231-5156

続きを読む "よろず勉強会in能登"

はつらつ!シニアライフ講座23

はつらつシニアライフ講座.doc

はつらつ!シニアライフ講座.JPG 6月28日(火)13時30分から15時まで、内灘町役場1階町民ホールにて、お口の健康について内灘町在住の概ね65~74歳の方にお話しした。内灘町の省エネ対策の一環としてエアコンを控えていたため、会場内ではパタパタと扇ぐ姿が目立っていた。むし暑さに負けず、メモを取る姿や熱心に聞き入り、時々うなずく姿も見られた。舌の話では、自分の舌の裏表を鏡で真剣に観察していた。そして、歯間ブラシとフロスとの違いについての質問もあった。 はつらつ!シニアライフ講座アンケート.doc

続きを読む "はつらつ!シニアライフ講座23"

こどもの"食べる"を育てよう! 

こどもの食べるを育てよう1.JPG 6月2日(木)午後1時30分から2時30まで内灘町子育て支援センター「カンガルーム内灘」にて、食育月間に因んだ講演会と試食のコラボが企画された。4ヶ月~2才児のお子さんをもつ17人のお母さんに、パワーポイントのスライドとレジュメを使って、『こどものお口の健康と食育』について食育サポーターとしてお話しした。会場では熱心にメモを取る姿や真剣に解説を聞く姿が見られ、また、直面している問題点に対する質問者が相次いだ。このような交流の機会が増え、噛むことの大切さが広まっていくことを期待したい。そして、これからも少しでもお役に立てるように頑張りたいと思う。
 講演終了後、隣の部屋で保育士さんたちと元気に待っていた子供さんと一緒に、保健センターの栄養士さんが作ってきたミニお好み焼きを楽しく試食した。小麦粉をあまり攪拌しないことがふっくら仕上がるコツだそうだ。また、大人には物足りないくらいの薄味が乳幼児にちょうどいいと思った。

続きを読む "こどもの"食べる"を育てよう! "

脳卒中の方の口腔ケアとリハビリ

脳卒中の方の口腔ケア1.JPG 3月18日13時から14時30分まで内灘町役場407会議室にて、脳卒中後遺症のある方とそのご家族を対象に、口の中に起きる変化と対応策についてお話した。麻痺側の汚れは、ブラッシングの工夫を表しているのではなく、口の働きを引き出すリハビリの必要性を物語っていることを強調した。また、抗血栓薬内服中の抜歯などの処置に対する考え方が変わってきていることも説明した。
 参加者は、舌の表情や舌下部静脈の写真と鏡に映る自分の舌とを熱心に比較したり、腎疾患や糖尿病の方の歯肉の違いに感心していた。歯ブラシによる頬を広げるリハビリや「パタカ」の発音練習にも取り組んだ。そして、片麻痺の方が行う義歯の清掃方法についての相談といくつかの質問があり、少し時間を超過した。

続きを読む "脳卒中の方の口腔ケアとリハビリ"

地域の介護支援専門員に訪問歯科をアピール

内灘町ケアマネ会議1.JPG 15日(火)に診療の予約を調整して15時30分から16時10分まで内灘町役場301会議室にて、内灘町の要介護認定者を担当している介護支援専門員さん達を対象に「訪問歯科の対象について」お話しした。先ず、石川保険医新聞2月号を用いて、歯科訪問診療料の算定対象者には、自宅など居住地であること、通院が困難であること、依頼があることが必要だと強調した。また、訪問歯科診療ネットワークや金沢・在宅NST研究会「経口摂取相談会」も紹介した。

続きを読む "地域の介護支援専門員に訪問歯科をアピール"

口腔ケアを考える

口腔ケアを考える.JPG 介護現場に口腔への関心が高まり、昨年11月に石川県介護福祉士会は講演を依頼してきた。それを受けて、要望を聞き、歯科から発信する資料や写真を整理し、パワーポイントとレジュメを準備した。2月18日(金)に午後7時から8時半まで石川県社会福祉会館にて、「口腔ケアを考える」と題して講義した。会場には、介護現場で働く介護福祉士さんなど約50人が真剣に受講していた。要介護者の歯肉や舌の状態、口臭、口腔乾燥と、口から食べてもらう介助や支援などについてお話しし、口腔内や嚥下の評価方法とそれに対する口腔ケアやリハビリのポイントを解説した。また、訪問歯科診療ネットワークや利用者の方からの寄稿、歯科訪問診療の算定対象者について記載された石川保険医新聞を紹介した。

続きを読む "口腔ケアを考える"

ページの先頭へ戻る