2009年

熱心な事業所で歯周病講演会

日本パーツセンター1.JPG 産業医を通して講演依頼があり、衛生管理者と内容などについて相談し、パワーポイントの準備を進めた。また、会場を下見して、会場の広さやコンセントとパソコン、プロジェクター、スクリーンとの位置関係を確認した。
 2009年9月10日木曜日午後1から2時まで、株式会社日本パーツセンター会議室にて「歯周病と全身疾患」と題して講演した。歯肉炎の成り立ちやプラークコントロールにより治っていく様子、そして、歯周病の検査の意味、歯周病治療の実際から見る歯科衛生士の活躍ぶり、50才頃から歯が歯周病で急激に抜けること、定期健診や歯のクリーニングをすると歯は長持ちすること、また、糖尿病や腎疾患、喫煙と歯肉との関連や舌から推測できる様々なことについて説明した。
 会場には約40人ほどの社員の方々が集まっていた。質問タイムでは、顎関節症やインプラントの相談があり、また、虫歯予防に関しては、ミュータンス菌の母子感染、離乳期の食べさせ方の影響、食事中の水分補給、アメと清涼飲料水などさまざまなものがあった。非常に健康管理に熱心な事業所であり、今後歯科健康診断を検討するとのことであった。

 

続きを読む "熱心な事業所で歯周病講演会"

保育士会からの依頼

保育士会から依頼2.JPG 健全な子ども達の成長を願う内灘町保育士会から、保育所(園)職員研修の講師依頼があり、引き受けてから1ヶ月間、パワーポイントやレジュメなどの準備に取り組んだ。
 2009年8月6日(木)午後7時30分から9時00分まで、内灘町町民ホールに於いて「乳幼児期における食育、歯科保健指導のポイントを学ぶ」というタイトルでお話をした。幼児期に見られる口腔周囲の形態的変化や機能的な問題点を指摘し、次に、口腔機能の獲得について順を追って説明した。とくに、食べる時、飲み込む時に口唇を閉じることと正しい姿勢の重要性を強調した。
 会場には、内灘町の保育士約70人と隣の津幡町から40人、かほく市から30人を合わせて約140人の参加があった。仕事を終えてからこんなに多くの人が集まってきたことと関心の高さに驚いた。幼児に見られる舌や口唇の形態異常のスライドには、うなずく表情が見られ、さらに、各月齢期における口腔機能発達のための学習には熱心にメモをとる姿が見られた。また、是非保護者の方々に聴かせたいという要望があった。

続きを読む "保育士会からの依頼"

愛知県保険医協会・伏見会議室で講演

愛知協会で講演7.JPG 2007年3月25日(日)午前9時42分頃、能登半島沖を震源地とする"震度6強"の大きな地震が発生した。その夏に特別座談会「医師から見た能登半島地震」が開催され、被災した歯科医師から「この体験から得たことを次に活かして頂きたい」との発言があった。それを受けて、歯科部はすぐさま専任チームを編成した。過去に歯科医院のための有効な体系的、具体的なマニュアルがなく、専門外の未知の分野をまとめることに非常に苦労した。そして、ついに2008年9月1日に「歯科における震災時の対応 能登半島地震の体験から」を発刊した。各方面から反響があり、2000部発行したが、在庫はほとんど無くなった。今回、愛知県保険医協会 歯科地域医療研究会から歯科医療機関の東南海地震に対する備えについて話して欲しいとの依頼があり、講師を引き受けることになった。

続きを読む "愛知県保険医協会・伏見会議室で講演"

食育と虫歯予防

子育て支援センター.jpg  食べることに欠かせない歯の健康について

日時  2009年1月28日(水)11:00~12:00
場所  子育て支援センター・カンガルーム内灘
                           TEL 076-238-3233
講師  石川県河北郡内灘町 小島歯科医院 
              院長 小島 登

内容  1.虫歯とミュータンス菌や唾液の力との関係
        2.食べる機能を引き出すための離乳食や幼児食の進め方

続きを読む "食育と虫歯予防"

ページの先頭へ戻る