原発事故とその対策

「原発報道ー東京新聞『こちら特報部』はこう伝えたー」

野呂 法夫氏.JPG   原発 いのち みらい シリーズ 第6回
 石川県保険医協会第39回定期総会 記念講演
講師   野呂 法夫氏(東京新聞 特報部デスク)
とき   2013年3月17日(日)午後2時~午後4時
ところ  金沢都ホテル
対 象    関心のある人ならどなたでも(定員100 人)
参加費   無料(申込 必要)詳しくは
申込  詳しくは 原発報道ー東京新聞はこう伝えたー(仮).pdf

石川県保険医協会主催

続きを読む "「原発報道ー東京新聞『こちら特報部』はこう伝えたー」"

福島原発事故の現状と未来

小出 裕章氏.JPG講 師:小出 裕章氏 京都大学原子炉実験所助教
と  き  2012 年11 月11 日(日)午後1:30~3:30
ところ  ホテル金沢 4 階 エメラルド (金沢駅東口)
対 象  どなたでも(定員500人。定員になり次第締め切ります。
          お早めにお申し込みください)
参加費  無料 (申込 必要) 講演会申込書(小出裕章先生).pdf

石川県保険医協会主催

続きを読む "福島原発事故の現状と未来"

「はだしのゲン」寄贈式

「はだしのゲン」寄贈式2.JPG 10月5日1時半から内灘町庁舎にて、「はだしのゲン」の、石川反核医師の会から内灘町小中学校6校への寄贈式が行われた。これに学校歯科医として参加した。セレモニーでは、教育長と白崎先生の挨拶、内灘中学校生徒代表のお礼のことばがあった。その後、様々なことを和やかに歓談した。内部被曝の問題や、来月予定している小出 裕章氏講演会時に託児希望者が多いこと、人とお金をかけて管理しなければならない簡単に捨てられない核廃棄物の話、吹き出しに納まるように考える英訳時の苦労話などなど。

続きを読む "「はだしのゲン」寄贈式"

大飯原発の再稼働に反対する

会長談話
大飯原発の再稼働に反対する

 5月30日関西広域連合は、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を事実上容認する声明を発表した。これまで再稼働に一貫して慎重姿勢を貫いてきた広域連合の突然の方針転換は到底理解できない。
 今一度、福島の原発事故の悲惨さに目を向けてほしい。失われた大地、引き裂かれた住民の生活。何をもって償うというのか? 電力確保を人質に取り、安全確保を事実上棚上げにした政府に、今やこの国を導く資格などない。
 改めて言う。原発立地自治体にとどまらない広範な地域の住民の声に耳を傾けよ。再稼働に半数以上の国民が反対する現実を直視せよ。そして、再び福島原発事故の被害を繰り返さぬために、住民のいのちと健康を基本に据えたエネルギー政策への転換を今こそ勇気を持って決断してほしい。

 国民のいのちと健康を守る使命を持つ医師・歯科医師の団体である石川県保険医協会は、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働に断固反対の意を表明する。

                             2012年6月1日
                            石川県保険医協会
                             会長 西田直巳

放射線の健康影響

石川県保険医協会 第38回 総会 記念講演会
原発・いのち・みらいシリーズ第4回
講 師:矢ケ崎克馬氏 琉球大学名誉教授
と き:2月19日(日)午前10時~12時
ところ:ホテル金沢4階「エメラルド」
対 象:関心のある方どなたでも ※お早めにお申し込みください
参加費:無料 矢ヶ﨑克馬先生.pdf

続きを読む "放射線の健康影響"

河野太郎金沢講演会

河野太郎.JPG聴講メモ
 世界の原子炉は新設より廃炉が多く、2002年の444基(最多)から2011年の427基へと減り始めている。2008年以降、全世界で40基が造られ、そのほとんどが新興国(中国とロシアで31基)である。そして、そのほとんどを自国が造っている。先進国では安全コストやメンテナンスコストが年々高くなり、原子力企業の業績も悪化している。しかし、日本は輸出しようとしている。また、自然エネルギーへの投資は世界では最近急激に増加しているが、日本では伸びないようにする規制が多い。スマートグリッドへの関心も低い。

続きを読む "河野太郎金沢講演会"

内部被曝の真実

児玉龍彦著
幻冬舎新書
720円
2011年9月10日発行

 7月27日に行われた衆議院 厚生労働委員会に於いて参考人として、国が「測定と除染」に今すぐ全力を挙げなければ、子どもたちと妊婦を守れないことを熱く語った。そして、それは大きな反響を呼んだ。そのスピーチを完全収録したこの本をぜひ読んでいただきたい。「世の中を変える研究というのは純粋な心から生まれるものである」は、心に残る。

続きを読む "内部被曝の真実"

「低レベル」放射線内部被曝による健康障害

松井英介氏.JPG原発・いのち・みらい(企画第3弾)
東電原発事故が私たちに意識させた
「低レベル」放射線内部被曝による健康障害
講 師:   松井 英介氏
      岐阜環境医学研究所所長
      医師
と き  2011年 9月23日(金・祝)午後2時 ~ 4時
ところ  近江町交流プラザ 4階 集会室 (金沢市青草町88)
対  象  関心のある方ならどなたでも(定員90人)
参加費:  無 料 
主 催: 石川県保険医協会

続きを読む "「低レベル」放射線内部被曝による健康障害"

福島の桃

福島の桃.JPG よくわからないから風評被害が生まれます。地元が自信を持てるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。放射能と食べ物に関する疑問点を明確にすることが重要に思います。これらに対する回答を城北病院副院長の服部 真先生からいただきました。この安心基準を踏まえて、美味しい桃を自分は食べようと思います。
                                                

続きを読む "福島の桃"

原発問題から長年目を背けず、国会で追及

吉井英勝衆議院議員.JPG第56回保団連北信越ブロック会議
「東日本大震災と復興に向けた新たなグランドデザイン」
~原子力・エネルギー政策の転換、復興財源を中心に~
講師  衆議院議員 吉井 英勝氏 http://www.441-h.com/
        京都大学工学部原子核工学科卒
日時 2011年8月21日(日)10:20~12:00
場所 上越市ホテル・センチュリーイカヤ(直江津駅前)

続きを読む "原発問題から長年目を背けず、国会で追及"

ページの先頭へ戻る