2016年5月29日

八ヶ岳

飯盛山⑲.JPG        2016.5.24.~26.
 40年ぶりに八ヶ岳。かっての清里ブームは去っていたが、飯盛山からの絶景は変わらなかった。これほどまでに360度見渡せる所は他にはない。90分で登れたところが、120分もかかるようになった年齢も現実。新しい息吹もある。星野リゾート、キースへリング美術館、サントリー白州蒸溜所など。
清里への旅 1977年10月7~9日
http://www.kojimashika.net/2010/04/post-504.html

 5/24(火)朝、八ヶ岳を目指して列車を乗り継ぎ小淵沢へ。駅の観光案内所で情報収集。紹介してもらったそば屋まで歩く。のどかな「食彩工房 雅」で自然の恵みを戴く。タラの芽、ウド、ヤーコン、イタドリ。優しい手打ちそばが美味い。

食彩工房 雅①.JPG  食彩工房 雅②.JPG  食彩工房 雅③.JPG  食彩工房 雅⑤.JPG

 食後にタクシーで、中村キースへリング美術館へ。森林の中に独特な形と色の建物が際だつ。素直な感性と原色の対比に触れる。お土産にモンローのマグネット。そこから10分ほど歩いて、道の駅 小淵沢へ。フローズンヨーグルトで一息。

中村キースへリング美術館①.JPG  中村キースへリング美術館②.JPG  中村キースへリング美術館③.JPG  中村キースへリング美術館④.JPG  中村キースへリング美術館⑤.JPG  中村キースへリング美術館⑥.JPG  中村キースへリング美術館⑦.jpg  道の駅 小淵沢.JPG

 そして、リゾナーレ八ヶ岳。建物の構造、部屋と施設の位置関係に最初戸惑う。ピーマン通り添いの部屋までの階段もきつい。慣れると気にならなくなった。

リゾナーレ八ヶ岳①.JPG

 夕方、リゾナーレ八ヶ岳のアクティビティガイド二人と湧水散歩。森のにおい、湧水の音、勢いある流れ、鳥のさえずり、木漏れ日、自然の息吹に癒される。かって、この地に稗之底古村があり、用水路を造り豊富な水を利用し栄えた。

湧水散歩①.JPG  湧水散歩②.JPG  湧水散歩③.JPG  湧水散歩④.JPG  湧水散歩.jpg 湧水散歩⑤.JPG  湧水散歩⑥.JPG  湧水散歩⑧.JPG

 夜、「OTTO SETTE」にて野菜の個性を生かし、色鮮やかなイタリアン。ソムリエの料理に合わせたワイン。柑橘のさっぱりした白「イケノ ミエ シャルドネ 2013」記憶に残したい絶品。この豊かさは今まで味わった中で一番。うまい。

OTTO SETTE①.JPG  イケノ ミエ シャルドネ 2013.JPG  OTTO SETTE②.JPG  OTTO SETTE③.JPG OTTO SETTE⑤.JPG  OTTO SETTE④.JPG   OTTO SETTE⑥.JPG  OTTO SETTE⑦.JPG  OTTO SETTE⑧.JPG  OTTO SETTE⑨.JPG  OTTO SETTE⑩.JPG  OTTO SETTE⑪.JPG  OTTO SETTE⑫.jpg  OTTO SETTE⑬.jpg

 5/25(水)朝、2時間に1本の小海線で清里へ。清里駅からの道に少し迷い、山頂まで時間内に登れるか不安。富士山が見えると俄然元気になった。飯盛山の登りは2時間、下りは1時間半。山頂からの360度の大パノラマに大感激。富士山、八ヶ岳、南アルプスなどなど。帰りは電車時間との分単位の攻防にすねが痛くなる。

飯盛山.JPG  飯盛山①.JPG  飯盛山②.JPG  飯盛山③.JPG  飯盛山④.JPG  飯盛山⑤.JPG 飯盛山⑥.JPG  飯盛山⑦.JPG  飯盛山⑧.JPG  飯盛山⑨.JPG  飯盛山⑩.JPG  飯盛山⑪.JPG  飯盛山⑫.JPG  飯盛山⑬.JPG  飯盛山⑭.JPG  飯盛山⑮.JPG  飯盛山⑯.JPG  飯盛山⑰.JPG  飯盛山⑱.JPG  飯盛山⑳.JPG  飯盛山21.JPG  飯盛山22.JPG

 ホテルに戻り、ランチ。何十年ぶりにプールで泳ぎ、ジャグジーで体と心をほぐす。

リゾナーレ八ヶ岳②.JPG  リゾナーレ八ヶ岳③.jpg

 夕方、サントリー白州蒸溜所の工場見学。いろんな形の蒸溜釜から個性豊かなモルト原酒を作る。様々な木材の樽で貯蔵・熟成する。4年から12年では琥珀色が濃くなり、量が減る。それらの組み合わせをテイスティングして作られる白州。貯蔵年数も超えてブレンドするので、何年物と特定しない。実際にテイスティング、面白い。ハイボールの正しい作り方も学ぶ。

サントリー白州蒸溜所①.JPG  サントリー白州蒸溜所②.JPG  サントリー白州蒸溜所③.JPG  サントリー白州蒸溜所④.JPG  サントリー白州蒸溜所⑤.JPG  サントリー白州蒸溜所⑥.JPG  サントリー白州蒸溜所⑦.JPG  サントリー白州蒸溜所⑧.JPG  サントリー白州蒸溜所⑨.JPG

 夜、ほうとう松木坂へ。山梨を堪能。馬刺しとB級グルメ鳥もつ。〆に南瓜のほうとう。野菜の多さにビックリ。起源は武田信玄の陣中食。満足満腹。

ほうとう松木坂①.JPG  ほうとう松木坂②.JPG  ほうとう松木坂③.JPG

 5/26(木)YYグリルの朝食後に散策、のんびり。お土産にブーツ猫。帰路に向かう。

リゾナーレ八ヶ岳④.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑤.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑥.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑦.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑧.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑨.JPG  リゾナーレ八ヶ岳⑩.JPG

タクシーについて一言
 お迎え料金がスリップ制で、初乗り料金730円。動いた瞬間に運賃が820円となる。割高感があった。また、小淵沢タクシーのドライバーは、大きな荷物が見えても、車外に降りてくることもなく、お願いしなければ後ろのトランクを開けてももらえず自分で荷物をトランクに入れなければならなかった。初めての経験だった。無線のやりとりも運転も荒かった。
一方、大泉タクシーは違和感なく、一般的な対応だった。そのひとり秋山さんは八ヶ岳の大好きな、心健やかなドライバーだった。


スケジュール
5/24

 金沢7:48発  かがやき504号8:53着 長野9:00発 しなの6号 9:50着 松本
松本9:54発 あずさ12号 10:40着 小淵沢

 中村キースへリング美術館 http://www.nakamura-haring.com/
 道の駅 小淵沢 http://mkobuchisawa.jp/
 
 湧水散歩 http://risonare.com/activity/index.php
  稗之底古村 http://www.town.fujimi.lg.jp/kanko/walking_03.html

5/25
 小淵沢 7:49発 普通 8:13着 清里 12:05 普通 12:27 小淵沢
飯盛山 http://www.kanko-nobeyama.jp/enjoy/meshimori/meshimori.html

サントリー白州蒸溜所 http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/

5/26
 小淵沢 11:37 普通 12:35着 塩尻 12:55発 しなの9号 13:53着 長野
長野 14:52発 はくたか565号 16:16着 金沢

宿泊
5/24,5/25

 星野リゾートリゾナーレ八ヶ岳 http://risonare.com/

食事
5/24

 食彩工房 雅 http://www2.nns.ne.jp/pri/s-miyabi/

 「OTTO SETTE」
http://risonare.com/cuisine/ottosette.html
 イケノ ミエ シャルドネ 2013
https://www.mieikeno.com/products/detail.php?product_id=22

5/25
YYグリル
http://risonare.com/cuisine/cuisine07.html
 ほうとう 松木坂
http://tabelog.com/yamanashi/A1902/A190201/19000394/dtlrvwlst/6332157/?lid=unpickup_review

5/26
YYグリル
http://risonare.com/cuisine/cuisine07.html

 

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る