2016年5月10日

28.5.10.

【1】口の中に住む細菌と膵臓ガンのリスクとの関係 
【2】手まり寿司に嚥下食優秀賞 京都の病院考案、かわいく食欲
【3】元選手が怒りの声、自転車連盟ドーピング問題「禁止物質想像せず」
【4】 L8020乳酸菌
【5】あなたは何本ある?「歯の本数と食事の満足度の関係性」が判明
【6】医療機関HP、規制を検討...美容外科トラブル多発で
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】口の中に住む細菌と膵臓ガンのリスクとの関係 
   (健康百科より)
http://kenko100.jp/articles/131225002754/#gsc.tab=0
〈記者の目〉
 歯周病と糖尿病の関係については、医科歯科連携においても重要視されているし、メディアにも取り上げられて患者さんにも認知度が増してきた。これからも歯周病菌の種類によっては他の様々な全身疾患との関わりが、見つかってくることでしょう。患者さんへの指導での話題にしてみては。
【2】手まり寿司に嚥下食優秀賞 京都の病院考案、かわいく食欲 
   (京都新聞より)
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160426000034
〈記者の目〉
 食べる喜びというのは大切である。ただ、摂食嚥下機能の低下によって普通食が食べられず、ただ食べやすくしただけの食事ではそれも半減してしまう。食べさせるのに時間がかかったり、色々と大変だが、このようなコンテストを通じて、病院や施設の食への意識が変わっていけば良いと思う。
【3】元選手が怒りの声、自転車連盟ドーピング問題「禁止物質想像せず」 
   (YAHOO!ニュースより)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000020-sph-spo
〈記者の目〉
 スポーツ選手にとって、ドーピング問題は切実なことである。某国のように、国家的戦略で禁止薬物を選手に与えていたのは別として、協会やコーチ等が認識不足で、選手が知らずに摂取していたとしたら、非常に残念な話だ。過去のオリンピックや世界選手権でも、風邪薬の中に禁止薬物が含まれていて失格となってしまい、メダルを剥奪された例もあった。リオではそんなことがない様、選手本人含め関係者にはより一層神経を使ってほしいものだ。
【4】 L8020乳酸菌
      (JIJI.COMより)
     http://www.jiji.com/jc/article?k=000000029.000010308&g=prt
〈記者の目〉
 乳酸菌の効果はよく聞きます。乳酸菌により体の悪玉菌を減少させることで口臭、歯周病の改善も出来、アトピーなどの皮膚にも利き、女性の方は便秘の解消にもなるという優れもの。「L8020乳酸菌」は口腔内に特化した乳酸菌でいろいろなグッズにより簡単にむし歯予防ができるということです。しかもこれ、よく見ると安いんです。30TABで554円。ご家庭、診療室にいかがでしょうか?
【5】あなたは何本ある?「歯の本数と食事の満足度の関係性」が判明
      (WooRisより)
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160413/Wooris_196268.html
〈記者の目〉
 美味しく食事ができるかどうかは、人生を楽しむためにかなり重要なことですよね。ひと昔前よりも患者さんのデンタルIQが高くなっているとはいえ、自分の歯が本来は何本あるはずであり、現状で何本残っているのかを答えられる方はなかなか少ないのではないでしょうか。我々からすれば当然の知識であっても、患者さんにはそうではないこともたくさんあるので、やはり基本的な事項の説明をおろそかにしてはいけないと感じました。
【6】医療機関HP、規制を検討...美容外科トラブル多発で
   (YOMIURI ONLINEより)
   https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160411-OYTET50003/
〈記者の目〉
 IT化が進み医療機関のほとんどがHPを掲載するようになりました。 以前は看板広告、口コミぐらいでしたでしょうか。歯科でいえば医院数もかなり多くなり、患者さんがどこに行けば良いかわからないためHPを見て医院を選択 することが多くなりました。当然患者さんはHPの内容を信じきっていますので来院時に違う説明を受ければ「えっ!???」となります。患者数確保のため、ついつい良い事ばかりを掲載してしまうHPですが、来院時に時間をかけて、例外があること、デメリットを十分に説明し納得してもらってから治療をしなければいけないと改めて思いました。虚偽の広告には、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金・・・。
このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る