2016年2月 8日

28.2.10.

【1】平成28年度歯科診療報酬改定情報(2)
【2】全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について
      10年生存率初集計
【3】歯科医が末期がん治療、自作の薬剤投与 無資格行為で逮捕
【4】「3Dプリンターによる臓器モデル」に保険適用
   ダビンチは腎臓がん手術にも適用拡大
【5】心臓マッサージ、プリプリの名曲のリズムで...救急医おすすめ
【6】日本科学会が悲願達成、欧米独占崩す・・・元素発見
【7】高所得者は「お酒」で、低所得者は「たばこ」で身体を壊す?
【8】公共施設を全面禁煙、ホテル分煙・・・罰則科す新法 
【9】「密室2週間」実験 応募5日で2000人
【10】秋田美人、今年のメッセージは? 口の形で読み取って
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】平成28年度歯科診療報酬改定情報(2)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000111936.html
 2月10日、厚労省HPに「答申」を公表。PDF 総-2 別紙1-2歯科診療報酬点数表をご覧ください。
【2】全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について
    10年生存率初集計
   グラフを描画する生存率解析システムKapWebなどにて公開
   (国立研究開発法人国立がん研究センターホームページより)
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20160120.html
〈記者の目〉
国立研究開発法人国立がん研究センターの研究開発費に基づく研究班「わが国におけるがん登録の整備に関する研究(班長:東尚弘)」は、全国がん(成人病)センター協議会の協力を得て、加盟施設での診断治療症例について部位別10年相対生存率を初集計し、全がん協ホームページで公開した。わが国においてこの規模でがんの10年相対生存率が公表されるのは初めてで、本集計により長期的ながん種別予後の傾向が示された。
 歯科からのポイントは2つ。一つは生存率がシステマティックに検索できるという事。もう一つは「口腔・口唇・舌」等のいわゆる口腔癌の10年生存率が胃がん等に比べて明らかに低い事。
【3】歯科医が末期がん治療、自作の薬剤投与 無資格行為で逮捕
   (産経ニュースより)
http://www.sankei.com/affairs/news/160125/afr1601250031-n1.html
〈記者の目〉
医師免許を持たずに末期がん患者に注射などの医療行為を行ったとして、警視庁生活環境課などは25日、医師法違反容疑で歯科医師ら男女3人を逮捕した。最初記事を見たときは、境界領域の処置か?と思ったがどうもこの病院は歯科ではないようだ。同じがんに関わる記事で、前出の物とここまで質が違うと腹立たしい。
 日本耳鼻咽喉科学会は歯科のがん治療に相当過敏になっているのだから、
http://www.jibika.or.jp/citizens/topics/0609_area.html 慎重に行動してほしい。
対象疾患の10年生存率の低さを見てみると反目し合っている場合では無いのだから。
【4】「3Dプリンターによる臓器モデル」に保険適用
   ダビンチは腎臓がん手術にも適用拡大
   (日経デジタルヘルスより)
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/012400266/?ST=ndh
〈記者の目〉
3Dプリンターで作製した臓器立体モデルによる手術支援に、保険が適用されることが決まった。中央社会保険医療協議会(中医協)が2016年1月20日に承認した。
 歯科におけるCAD/CAMもそうであるが、このイノベーションにかかわる分野の保険導入はとても早い。ファイバーコアーがやっと導入されたのに比べ驚くが、歯科でもこの分野は強力に推し進めて行くべきだろう。
【5】心臓マッサージ、プリプリの名曲のリズムで...救急医おすすめ
   (ヨミドクターより)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=129812
〈記者の目〉
私も専門ではないにしろ、もし現場に居合わせたらと、心得だけはと思っていました。ただ恥ずかしながら「うさぎとかめ」のリズムとは知りませんでした。そんな緊急事態に、♪もしもしかめよ~♪よりは、♪Diamondsだね~♪の方がやはりしっくりしますね。
【6】日本科学界が悲願達成、欧米独占崩す...元素発見
    (YOMIURI ONLINEより)
https://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20160101-118-OYT1T50034 または
http://kankokukeizai.kill.jp/wordpress/2016/01/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%95%8C%E3%81%8C%E6%82%B2%E9%A1%98%E9%81%94%E6%88%90%E3%80%81%E6%AC%A7%E7%B1%B3%E7%8B%AC%E5%8D%A0%E5%B4%A9%E3%81%99%E5%85%83%E7%B4%A0%E7%99%BA%E8%A6%8B/
〈記者の目〉
 今でも中学時代に化学の授業で暗記した元素の周期表を思い出します。スイ・へー・リー・べーと、一生懸命に頭の中に叩き込んで試験に臨んでいました。現在では人工的に新しい元素を作り出しているとは全く知りませんでした。元旦の朝刊の一面を飾っていた日本初の快挙という記事に目を引かれました。
【7】高所得者は「お酒」で、低所得者は「たばこ」で身体を壊す?
   (THE PAGEより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000011-wordleaf-soci
〈記者の目〉
この二つの「お酒」と「たばこ」の場合は、依存のレベルの違いや取りやすさの時間も関係するでしょうが、嗜好品だからその結果本人も納得での事。それより本文の「歯」の本数に関する事をタイトルにでももっと前面に出してほしかった。
 歯の本数にも違いが見られます。歯が20本未満の人の割合は、年収600万以上では20.3%ですが、年収200万円未満になると33.9%に増加します。歯の健康は、内臓など他の分野への影響も大きいと言われていますから、健康支援策として歯科治療は重視すべき項目といってよいでしょう。
【8】公共施設を全面禁煙、ホテル分煙...罰則科す新法
   (YOMIURI ONLINEより)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000299/20160105-OYT1T50066.html
〈記者の目〉
 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、政府が受動喫煙規制のための新法の整備に乗り出すそうです。JOCの掲げる「たばこのない五輪」に合わせるべく、日本も「受動喫煙ゼロ」に向かってやっと動き出した。
 参考に 28年度歯科診療報酬改定情報
http://www.kojimashika.net/2016/01/post-1219.html
 かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準に
(8) 敷地内が禁煙であること。が入った。
【9】「密室2週間」実験 応募5日で2000人
    (マイナビより)
https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/29145
〈記者の目〉
 JAXAが20~55歳の健康な男性を対象に、ウェブサイトで公募したところ5日間で2000人以上の応募があったそうです。参加の問い合わせが多いため、一度打ち切った募集を1月12日の正午まで延長したそうです。あなたもどうですか?私は密室2週間は耐えられません。
【10】秋田美人、今年のメッセージは? 口の形で読み取って
   (朝日新聞デジタルより)
http://www.asahi.com/articles/ASJ14758NJ14UBUB00B.html
〈記者の目〉
いやというほどみている口だから、こういう出題されて絶対当てたいです。本文中の特設ホームページのアドレスをクリックして、応募しちゃいましょう。でもおじさんは秋田美人の笑顔をみているだけでほのぼのとしてしまいました。

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る