2015年10月10日

高齢者の誤嚥

  動物は口から食べ、鼻で呼吸している。言葉を話す人間だけが口でも呼吸できるようになり、むせや誤嚥のリスクを抱えることになった。
 若年健常者は無意識にする嚥下を呼吸の呼気中に息を止めて呼気中に終わることで誤嚥を防いでいるが、高齢者になると嚥下が吸気中に起きて誤嚥しやすくなる。男性の方がのど仏が下の方にあるのでむせや誤嚥を起こしやすい。また、安静時に口を開けている人も鼻呼吸が安定せずに口呼吸になりやすく誤嚥しやすい。固定源となる頬筋や口輪筋などの口腔周囲筋が弱いために、上咽頭収縮筋を強く収縮できないことで嚥下機能が低下すると考えられている。

 試してみよう
  ・1分間に3回ツバキをゴックンできるかな
  ・30秒間ブクブクうがいしてみよう
  ・風船を膨らまし5秒間維持して、再度膨らましてみよう
このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る