2015年3月23日

うたなだ健康プラン21(第2次)

 健康は、すべての町民の願いです。町民一人ひとりが健康で長生きし、いきいきとした生活を送ることができるよう、また、健康づくりを総合的に推進するために、食育推進計画を含めた「うちなだ健康プラン21(第2次)」を策定しました。今後はこの計画に基づき、次のとおり取り組みを進めていきます。詳しい内容については、下記をご覧ください。

【基本理念】
         健康寿命を伸ばそう
      ~みんなでつくる活力ある生活~

【期間】 平成27年度から36年度までの10年間

【基本方針】
  1 生活習慣病の発症予防、重症化予防をしよう。
  2 生涯にわたり食育を推進しよう。
  3 健康づくりの意識・関心を高めよう。

    *毎年10月は健康づくり月間*


計画書
http://www.town.uchinada.lg.jp/webapps/open_imgs/info/0000022852.pdf

計画書の60ページに
 コラム「お口の働きを育てましょう」が載りました
 最近、保育現場や小学校から「飲み物を用意しないと食べられない」「給食時間内に食べられない」「クチャクチャ音を立てて食べる」「イカのリングやパンの耳が食べられない」など多くの相談があります。
 また、小学校の歯科健診でも、歯と歯の間に隙間がなく、乳歯より大きな永久歯が生えるスペースが不足し、歯がデコボコに生えている児童が増えています。顎の骨が小さいのではなく、歯が内側に傾いたままだから起きているのです。
 これらを解決するには、乳幼児期に発育段階に合わせた適切な食べ方を学び、食べるための舌の働きをしっかりと育てることが大切です。
 そして、学童期に口の働きをよくするには、飲み物で流し込まないで、大きなものを前歯で噛み切り、奥歯でしっかり咬むことです。また、床面にしっかり踵を付けて正しい姿勢で食べることをお勧めします。
また、56ページ
 歯・口腔の健康の基本的な考え方に
機能面にも着目し、「口腔機能の維持・向上」を推進する必要があり
という文言が入りました


概要版
http://www.town.uchinada.lg.jp/webapps/open_imgs/info/0000022853.pdf#search='%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AA%E3%81%A0%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%EF%BC%92%EF%BC%91'


 

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る