2014年2月 6日

口腔内規格写真の撮り方と歯周インフェクションコントロール

口腔内規格写真の撮り方2.jpg 6日(木)午前中当院にて、松風の歯科衛生士さんと営業マンによる第89回研修会を行った。他院からも4名の歯科衛生士が参加した。
 前半は口腔内規格写真の簡単な撮り方の相互実習を行う。写したい対象物を明確にして、カメラを前後に移動させてレンズとの距離を決める。患者さん役の姿勢と撮影者との位置関係も考慮する。再生した画像を確認して問題点を修正する。また、口角鈎やミラーの選択と使い方も試行錯誤する。
 後半は歯周インフェクションコントロールを学ぶ。エアフローマスターによる赤染めされたバイオフィルムの破壊と「スマートピエゾ方式」超音波スケーラーによる沈着物除去を体験する。

第89回研修会
口腔内規格写真の撮り方1.jpg 日時 2014年2月6日<木>9:00-12:30
  講師 松風 歯科衛生士 小林早紀
              岩崎 幸二
 内容 ○口腔内規格写真の簡単な撮り方
       ・歯科専用カメラの有効性
    ○EMSエアフローマスターピエゾン
      ・世界初ポケット用歯面清掃器
      ・早くて痛くないメインテナンス
      ・患者様にやさしい「スマートピエゾ方式」超音波スケーラーの有効性
 場所 小島歯科医院
 定員 12名
 受講料 3、000円

問い合わせ・申込みは、電話またはメールでお願いします。
口角鉤、口腔内撮影用ミラーは、各自ご持参ください

             スタディグル-プ 健口家族
                  代表 小島登
                         920-0273
            河北郡内灘町アカシア2-5
                        TEL  076-238-1388         
                        E-mail   akashia@joy.ocn.ne.jp

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る