2011年3月 4日

5歳児の下顎前突

5歳児の反対咬合②1.jpg 当院では幼児から小学生の食べる機能を支援している。食事の姿勢や食べ方、食形態、口唇閉鎖等々である。その中で、反対咬合ではムーシールド、歯の萌出スペース不足ではT4Kも一つの選択肢として考えている。一番の変化は舌の可動範囲増ではないかと思う。舌が口腔底によどんでいるような反対咬合の幼児に、ムーシールドを2,3ヶ月夜間に装着していると、舌尖が口蓋乳頭部にしっかり当てることができるようになり、舌打ちがうまくできるようになり、前歯部の被蓋が改善してくるようである。飲み物がなくても奥歯でしっかり噛んで食事ができるようになり、唾液の分泌量も増えていく。食事時間も短くなり、発音が明瞭になったり、口呼吸から鼻呼吸の変化もある。

患者  5才女児
初診  平成22年11月15日
主訴  歯並びを治したい
現症  乳歯列の反対咬合
    咬み合わせると下顎前歯によって上顎前歯覆い隠される 
    鼻づまり
経過
11/15  口腔周囲の肉眼的所見や機能状態とムーシールドやその他の治療法を説明
11/24  模型作製、セファロX線撮影
5歳児の反対咬合②2.jpg12/9   口腔内写真
       唾液量 0.5ml/5分
       舌打ち音がクリアではない、タ・ラの発音が弱い
       診査、検査の結果と治療方針の説明
       ムーシールド開始
       トレーニングの解説
        踵を床にしっかりつけて姿勢正しく、よく噛んで食べる
        舌打ちと上顎前歯で下唇を噛む練習
        ムーシールドを入れて唇を閉じて鼻呼吸の練習
平成23年
2/21   唾液量 4.5ml/5分
       舌打ち音がクリアになる
       ムーシールド朝まで外れなくなる 
12/1   両側A脱落
       両側下顎DEにCRを添加して咬合挙上する
5歳児の反対咬合②3.jpg   

平成24年
1/31   左上顎1番が口蓋側に萌出
3/15   リンガルアーチ装着
5歳児の反対咬合②4.jpg  5歳児の反対咬合②5.jpg

4/26   左上顎1番が正常になる
9/13   両側1番が唇側、右上2番が口蓋側、臼歯部が咬合しない
       リンガルアーチを除去し、よく咬んで食べるように指示
       夜間にムーシールド装着
5歳児の反対咬合②6.jpg  5歳児の反対咬合②7.jpg

平成25年
2/28   リンガルアーチ再び装着
5/18   両側2番を唇側へ
25.5.18.A.jpg  25.5.18.B.jpg

6/29   リンガルアーチ除去、夜間にムーシールド装着

平成26年
2/8    カムゾウくんを利用した咀嚼能率訓練

26.2.8.A.jpg  26.2.8.B.jpg   26.2.8.カムゾウ.jpg

5/24   臼歯部が空いてきた
26.5.24.A.jpg  26.5.24.D.jpg   26.5.24.E.jpg  26.5.24.カムゾウ.jpg

6/14   夜間、チンキャップ装着開始
8/2    臼歯部が噛んでくる

26.8.2.A.jpg  26.8.2.D.jpg  26.8.2.E.jpg

平成27年
1/31   臼歯部がしっかり咬合する

27.1.31.A.jpg  27.1.31.D.jpg  27.1.31.E.jpg

平成28年
1/9    咬合が安定する
28.1.9.A.jpg  28.1.9.D.jpg  28.1.9.E.jpg

参考に
3歳児の反対咬合
http://www.kojimashika.net/2010/05/post-526.html

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る