2010年12月15日

上顎6番が萌出してこない

上顎6番未萌出1.JPG 学校歯科検診に行くと、小学2,3年生でも上顎6番が萌出していない児童を時々見かける。歯科医院で精査すると、乳歯Eの遠心に食い込んで萌出できない時と7番歯胚形成がない場合がある。前者の場合は、歯肉弁切除と6番遠心移動の工夫をすれば萌出が促される。
 しかし、後者の場合は様々な処置によってもほとんど変わらず、萌出時期がかなり遅れ、7番の萌出時期に近い可能性もある。上下大臼歯による咬合が長期間にわたり無いために、咀嚼能率や上顎歯列弓の発育が悪くなる。また、下顎6番の挺出も起きる。したがって、口の働きを整え、上顎6番の萌出に備える。特に、いろんな硬さや大きさの食材を食べて物性を感知する口蓋の前方部を育てる。6番萌出後に歯列弓を拡大する。

患者  7歳女児
初診  平成22.5.14.
主訴  左下6番に穴が開いた
現症  上顎の歯列弓が非常に小さい
    上顎2番は未萌出、スペース不足
    上顎左右6番が未萌出
    口蓋に吸啜窩がある
    舌を前に出すと、細く尖っている
    給食時間(20分間)内に食べられない
    いびきや歯ぎしりがある
上顎6番未萌出2.JPG  上顎6番未萌出3.jpg  上顎6番未萌出4.jpg 上顎6番未萌出5.jpg

検査所見
 パノラマレントゲン写真にて
       上顎6番はまだまだ高位にある
       上顎7番の歯胚が確認できない
       下顎7番の歯胚は歯冠の3分の2以上が石灰化している
       下顎5番が先天性欠如
 唾液量は5分間で3.0ml
 最大開口維持時間  7秒

経過
 5/14 口腔内の状態等を説明し、口腔機能の問題点を指摘し、
     改善方法を提案する
      左下6番にコンポジットレジン充填
上顎6番未萌出6.JPG 5/15 T4Kを就寝時と日中1時間装着開始する
      踵をしっかり床に付けてなどの食姿勢を整える
      しっかり噛んで食べられるように食物の形態を工夫する
 9/8  下顎2~2が前方へ移動し、切端咬合になる
            最大開口維持時間 60秒
      30分あれば食べられるようになる
      いびきや歯ぎしりが無くなる
      口笛の音が微かにするようになる
      T4Kの舌側部が避ける
上顎6番未萌出7.jpg  上顎6番未萌出8.jpg  上顎6番未萌出9.jpg  上顎6番未萌出10.jpg

 10/13 唾液量は5分間で7.0ml
              食事時の姿勢がよくなる

 これ以降の経過
 http://www.kojimashika.net/2012/03/post-849.html

参考として
1歳過ぎたのに歯が生えてきません
http://www.kojimashika.net/2010/10/post-608.html

 

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る