2010年2月13日

入れ歯を入れると骨の出っ張り部が痛い

骨隆起1.jpg 舌側隆起は外骨症の一種であり、局所の骨質の発育異常によって生じると考えられ、病理組織学的には骨腫ではなく、層板骨の増殖からなっている。しかし、それは、入れ歯をつくる時に、大きさや疼痛の緩和策などの設計に大きな影響を与える。今回は外科的にそれを除去することにより、入れ歯を小さく片側だけにすることができた。また、将来的にも入れ歯の安定に役立つと思う。

骨隆起2.jpg症例  65才女性
初診  平成21年4月8日
主訴  入れ歯を入れたい
現症  右下5~7の3本の歯が抜けた状態である
  下顎左右に舌側隆起があり、入れ歯を装着すると疼痛が発生しやすい形態である
治療計画 骨隆起を除去し、創傷治癒後に義歯を作成する
経過  4/8 治療計画を説明し、県立中央病院を紹介する

骨隆起3.jpg    県立中央病院にて
    4/23右骨隆起、5/7左骨隆起を摘出する

        月に一度創傷の経過を観察
    7/31 片側のノンクラスプデンチャーを装着する
 22年1/26 経過良好である  

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る