2009年6月16日

T4Kによる形態や機能の改善症例

T4K1.jpg T4K(TRAINER FOR KIDS)の装着と食姿勢や食べ方を含む舌や口唇の訓練をすることにより、下顎前歯が舌側に位置する歯並びとスペース不足の歯列が改善していく途中経過である。形態だけでなく、食べる機能も改善している。
 今までこのような症例がどんなメカニズムで起きるのか理解できなかったが、口腔筋、特に舌の活動が関与していることが裏付けられる。

T4K4.jpg患者  8歳3ヶ月
初診 平成20年11月10日
現症 下顎前歯が舌側に位置し、スペースが不足している
   舌が細く小さい
   口唇に締まりなく、安静時に開いた状態である
      食事中クチャクチャ音がする
   唾液分泌量  2.5ml/5分

 経過 11/13 T4Kを日中1時間と就寝時に装着し始める
         同時に舌や口唇のトレーニングも始める
   1/27  2ヶ月後下顎前歯は唇側へ移動し始める
         唾液分泌量は5.0ml/5分と増加する
         しっかり食べられるようになり、給食の時間内に間に合うようになる

   4/28  5ヶ月後下顎前歯は、ほぼ唇側ラインにまで移動する
                  唾液分泌量は5.0ml/5分
T4K2.jpg    T4K3.jpg

 2ヶ月後                    5ヶ月後

T4K.jpg

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る