2009年5月16日

抜歯予定の隣接歯が位置異常

 抜歯予定の隣接歯に位置異常がある場合には、治療計画と最終のイメージやその過程などの長所、短所をよく相談し、その理解を確認した上で治療を始めなければならない。また、抜歯後の暫間補綴も工夫しなければならない。

患者   36才女性
初診   平成9年2月22日
主訴   右上1番の補綴物のダツリ
現症   右上1番の歯根破折
     右上2番が口蓋側に転位しいる
     右上3番が唇側に転位している

臨床の工夫 1001.jpg   臨床の工夫 1002.jpg

治療計画 右上1番を抜歯後、右上2番はそのままでは支台歯にはできない。また、右上2番を追加して抜歯しても同様に右上3番も支台歯には出来ない。そこで、抜歯と同時に暫間補綴を装着し、右上2,3番を矯正後に補綴することを提案した。

経過    
平成9年
 初診時 補綴物がダツリした右上1番に歯根破折が見つかり、抜歯が必要ではあった。しかし、右上2,3番の位置異常があり、また、急性症状などなかったので、ダツリ物を再装着した。そして、抜歯後の複雑な治療計画の理解を深めるため、治療計画について良い点、悪い点を説明し、半年かけて考えてもらい理解して頂いた。

臨床の工夫 1003.jpg  臨床の工夫 1004.jpg

  10/11  右上1番を抜歯し、暫間補綴を装着する
 10/29  舌側弧線装置にて右上2番を唇側へ
 12/4   唇側にブラケットを装着し、右上2,3番を矯正する 
臨床の工夫 1005.jpg  臨床の工夫 1006.jpg

平成10年
 2/24   ブリッジ装着 

臨床の工夫 1007.jpg  臨床の工夫 1008.jpg

平成17年
 4/11      8年後
        現在も定期検診を続けている

臨床の工夫 1009.jpg

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る