2008年8月 7日

内灘町立鶴ヶ丘小学校 学校保険委員会 

        
1.日時 平成20年7月24日(木)午後1時30分~2時30分
2.場所 校長室
3.出席者 学校医、学校歯科医、PTA会長、PTA副会長
      校長、教頭、保健主事、食育担当、養護教諭
4.協議事項
  ①児童健康委員会「朝食調査」の結果について
  ②「ほのぼの食育プラン」夏休みの取り組みについて

 

 朝ご飯の調査では403人の生徒うちで4人が食べていなかった。また、食べたものの調査では、おにぎりだけとかパンのみとか品数の少ない子供もみられた。そして、終業式後の集会で児童健康委員会から結果と夏休みの食生活について発表が行われた。
 「ほのぼの食育プラン」は各家庭で夏休みに一つ目標を立てて記録する試みである。これは、先日保険医協会主催で開かれた沼田先生の講演会を参考にしたものである。
http://www.pref.ishikawa.jp/kodomoseisaku/index.html
子供がおやつや昼ご飯を家族みんなの分を作る
料理のお手伝いや後かたづけなどをする
簡単にできる料理の本を子供がほしいと言ったので一緒に買いに行った
なども報告されていた。
 4年前から保健委員会で食育を取り上げるようになってから、子供たちや父兄、教師に変化が現れてきている。以前よりも朝食を食べない子供が少なくなっているように思う。
このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る