2008年8月 2日

大切な個人情報を守ります

          A.個人情報は必要な範囲で正確かつ最新な内容に保ちます。
          B.個人情報を漏洩などから防止するように管理し、スタッフや委託先へも監督します。
          C.通院し始めた時から口の中の様子やその時行ったことをすべて保存してあります。

個人情報の利用目的

1.歯科医院内で、患者さんへ医療を提供するために利用
 ①はじめて受診されるときには
   ・診療申込書、問診票による聴き取りや保険証を提供していただくなどにより、診療録、歯科衛生士業務記録などを作成します。
 ②歯科医療サービスの提供では
   ・診査、各種検査、診断、治療計画(説明と同意)の提示、生活指導などを行います。
   ・予防、治療、口腔の機能回復などを行います。
 ③患者さんにかかわる医院管理・運営業務では
   ・治療費の精算を行います。
   ・健康維持・増進(母親教育、歯周病予防教室など)、定期健診のお知らせなどにより歯科医療サービスの向上をはかります。
   ・医療安全のために必要な報告を関係団体などへ行います。
 ④医療保険事務では、医療費請求のために保険請求明細書を作成します。
2.歯科医院外へ、患者さんの医療情報を提供することによる利用
 ①患者さんに提供する歯科医療サービスのうち
   ・他の病院、診療所、薬局、介護支援事業者などとの連携をとります。
   ・他の病院、診療所、薬局などからの照会へ回答します。
   ・患者さんの診療にあたり、他の医師、歯科医師などに意見、助言を求めます。
   ・歯科技工所へ業務を委託します。
   ・家族の方などへ病状、治療計画、治療後の予測、生活指導などを説明します。
 ②医療保険事務のうち
   ・医療保険事務を委託する場合もあります。
   ・歯科医院内で作成した保険請求明細書を審査支払機関へ提供し、医療費の請求を行います。
   ・審査支払機関または保険者からの照会へ回答します。
 ③企業等から委託されて歯科検診を行った場合は、企業などへ結果をお知らせします。
 ④歯科医師賠償責任保険などにかかわる医療に関する専門団体、保険会社などへ相談または届出などを行います。
3.歯科医療の質を向上させるために利用
 ①歯科医院内での医院管理・運営業務のうち
   ・歯科医療サービスの向上や業務改善のための基礎資料として活用します。
   ・スタッフ研修会で症例研究などを行います。
   ・歯科医師の臨床研修、歯科衛生士の臨床実習などへ協力します。

このカテゴリの他の記事

ページの先頭へ戻る