歯科保険診療

保険診療に詳しくなるための勉強会

赤本勉強会2016①.JPG 23日(土)ホテル金沢にて「保険診療に詳しくなるための勉強会」が開かれ、約50人の参加がありました。5人の先生が各検討内容を解説され、それぞれに質疑応答がありました。興味深い内容が多く、活発な意見交換が行われ、大盛況な会となりました。

 

続きを読む "保険診療に詳しくなるための勉強会"

2016年度保険医医療機関に対する個別指導等実施方針の主な変更点

                                                   28.5.15.
          平成27年度→平成28年度
改善された項目
A.個別指導等に係わる通知関係
 1.個別指導、新規個別指導の実施通知
          指導日の3週間前→指導日の1ヶ月前
 2.指導対象者の連絡時期
                    4日前   → 1週間前
 3.連絡人数の見直し
      4日前 15人   →1週間前 20人
      前日  15人   →前日   10人

B.個別指導、新規個別指導における持参物関係
 1.個別指導、新規個別指導時に、保険医療機関に準備を依頼する書類等
   ①診療録等「患者及び自家診療に係わる次の全ての記録」
             →診療録について長期にわたり歯科医学的な管理を行っている
      患者等のため書類が膨大になる場合は相談に応じる旨通知に明記
   ②診療録等について、電子データの持参でも可能に。
            →診療録等について、「電子データで持参される場合は、
      当局までご連絡ください。また、当該電子データを閲覧するための
      電子機器及びソフトウエアの準備をお願いします」と通知に明記

2016年歯科新点数検討会

2016年歯科新点数検討会1.JPG 24日(木)午後7時から都ホテルにて、歯科診療報酬 2016年改定内容を100分間ぶっ続けでテキストを用いて解説しました。会場には100数十名の参加がありました。今回の改正は多岐にわたり難解なところが多くありました。
 2014年歯科新点数検討会
 http://www.kojimashika.net/2014/03/post-1036.html

続きを読む "2016年歯科新点数検討会"

保険診療のイロハから審査・指導の実際まで

 1.保険医登録するということは、ルールを守ることを承諾したということ
 ①総論 療養担当規則、医師法、健康保険法、医療法など
  反すると、重大法令違反
   ・医療を提供できる場所は、医療提供施設又は居宅など
     *会社学校、ホテル、ディサービスなどでの診療は
      医療法違反で保険医登録取り消しとなることもある
   ・適時調査の返還金はここ最近異常に上昇している
 ②各論 診療報酬点数
  反すると、査定、自主変換、指導

続きを読む "保険診療のイロハから審査・指導の実際まで"

平成27年度介護報酬改定に関する歯科分野のパブリックコメント

 歯科保険医療機関は算定しないが、介護保険施設(特養、老健、介護療養型等)が算定する加算に変更があった(口腔衛生管理体制加算と口腔衛生管理加算=いずれも名称変更と加算の引き下げ。経口維持加算=再編および加算の引き下げ、療養加算の引き下げ)。加算のマイナス改定自体問題であるが、それ以前に歯科医師・歯科衛生士と介護保険施設が連携して実施する口腔ケアに係る技術的助言および指導、口腔ケアについて、歯科医師・歯科衛生士に対する評価がなされていないことは大きな問題である。

続きを読む "平成27年度介護報酬改定に関する歯科分野のパブリックコメント"

歯科訪問依頼があったら

赤本勉強会2014①.JPG12日(土)午後 6時30分からホテル金沢にて『歯科保険診療の研究』(赤本)を利用した勉強会があり、約30人が参加していました。訪問診療・介護報酬についてお話ししました。

訪問診療・介護報酬のレジュメ
   ページ数は『歯科保険診療の研究 2014年4月版』(赤本)

続きを読む "歯科訪問依頼があったら"

2014年歯科新点数検討会

2014年歯科新点数検討会1.jpg27日(木)午後7時から9時半までホテル金沢にて、石川県保険医協会主催の2014年歯科新点数検討会で診療報酬改定について解説しました。

続きを読む "2014年歯科新点数検討会"

「歯科保険診療便覧 2012年度点数改訂版」発刊

歯科保険診療便覧 2012年度点数改訂版.jpg 待ちに待った「歯科保険診療便覧」改訂版が完成。2年に1度の県歯保険説明会時に使う通称白本と、社会保険研究所が発行する「歯科点数表の解釈」通称青本と、後から次々に出される疑義解釈のすべてを1冊にまとめ、あちこちページをひっくり返さなくてもいいように順序よく各点数項目毎に再編したものです。文字の色・文字の大きさ・網掛け・バックの色などを駆使し、告示・通知などを分かりやすくしてあります。
 保険請求に確信を持てない、または日頃あまり遭遇しない症例や処置に際し非常に役立ち、保険請求の算定根拠を理解する時の手助けになります。また、診療報酬体系の仕組みが学べ、その問題点がどこにあるかも明確になります。
 この改訂版では、変更された部分がアンダーラインを引かれ一目でわかるようになり、厚労省の告示・通知は2012年10月1日までに出されたものまで反映されています。

続きを読む "「歯科保険診療便覧 2012年度点数改訂版」発刊"

長谷川等伯展

長谷川等伯展.jpg  9月1日土曜日、午前の診療を終え保険地区講習会への参加のため七尾へ車を走らせる。さぬきうどん はた坊の「いか天ぶっかけ」で腹ごしらえ。透き通るコシのあるうどんに満足。いか天も美味しかった。次は「いか天ざる」にしよう。それから七尾美術館へ。400~500年前の長谷川等伯の世界へ迷い込む。墨の濃淡による表現や荒々しさと柔らかさの筆感がすばらしい。涅槃図に描かれている様々な動物も見事。

続きを読む "長谷川等伯展"

赤本勉強会 2012

『歯科保険診療の研究』を利用した勉強会
赤本勉強会2012.JPG
 7月21日(土)午後6時半からホテル金沢において「歯科保険診療の研究」(以下は赤本)を利用した勉強会が開催され、司会進行役を務めた。30名を超える参加者があった。
 講師の歯科部員7名は、割り当てられた各部を、「赤本」の本文や症例を個性豊かに、パワーポイントを使ったり、レジュメを作ったり、追加資料を加えたりして解説した。カルテやレセプト記載の理解が深まり、明日からの診療や保険請求が円滑に行える一助になったと確信している。この機会に集められる診療報酬の是正項目を、歯科部、保団連北信越ブロックで討論したうえで、厚労省交渉に生かす考えであることも報告した。

続きを読む "赤本勉強会 2012"

ページの先頭へ戻る