保険医協会

辺野古支援ツアー

CIMG2807.JPG 4月30日(土)に保団連主催の辺野古支援ツアーに参加した。全国から17名が集まった。午前8時半にネストホテル那覇を出発し、バスの中で与儀喜一郎氏による基地の現状について解説を受けた。
 1956年から全国に駐留していた多くの米国海兵隊が各地の反発を受けて沖縄へ移動してきた。現在、国土の0.6%の沖縄県に在日米軍専用基地面積の約74%が集中している。そのほとんどが沖縄本島に存在し、その面積は18.4%を占めている。そして、沖縄本島は県人口の約91%を占めているので、基地が土地利用に大きな制約を与えている。利用できる民間地は限られ、持ち家率が低く、ほとんどの方が傾斜地などのアパート住まいとなっている。

続きを読む "辺野古支援ツアー"

認知症の人と人権~当事者主権の認知症~

<社会保障ゼミナール>
日時 3月8日(火)19時30分~21時頃
場所 保険医協会会議室
報告者 西川忠之先生「認知症を生きる人からみた地域包括ケア」
    大川義弘先生「認知症になった私が伝えたいこと(書籍より)」
アドバイザー 井上英夫先生(金沢大学名誉教授)
※西川先生と大川先生の報告 各20分~30分ほど
※質疑応答、ディスカッション、5月29日に開く社会保障セミナーにつなげるための議論等など

続きを読む "認知症の人と人権~当事者主権の認知症~"

高橋 源一郎氏

高橋 源一郎.JPG民主主義ってなんだ?
― まだこの国をあきらめないために―
石川県保険医協会第 4 2 回定期総会 記念講演
講師 高橋 源一郎 
日時 2016 年2/27(土)午後7 時~午後9 時
会場 金沢都ホテル 地下2 階・セミナーホール
    (金沢市此花町6-10 電話076-261-2111)
参加無料 申し込みが必要です。先着250名。
主催 石川県保険医協会

続きを読む "高橋 源一郎氏"

保険診療のイロハから審査・指導の実際まで

 1.保険医登録するということは、ルールを守ることを承諾したということ
 ①総論 療養担当規則、医師法、健康保険法、医療法など
  反すると、重大法令違反
   ・医療を提供できる場所は、医療提供施設又は居宅など
     *会社学校、ホテル、ディサービスなどでの診療は
      医療法違反で保険医登録取り消しとなることもある
   ・適時調査の返還金はここ最近異常に上昇している
 ②各論 診療報酬点数
  反すると、査定、自主変換、指導

続きを読む "保険診療のイロハから審査・指導の実際まで"

介護保険制度と営利化政策

講 師  曽我千春氏(金沢星稜大学経済学部教授)
と き:2015年11月24日(火)午後7時半~午後9時
ところ:保険医協会会議室

続きを読む "介護保険制度と営利化政策"

マイナンバーの利用範囲拡大を阻止

 改正マイナンバー法が9月3日の衆院本会議で、自民、公明、民主などの賛成多数で可決、成立した。そして、10月から各世帯に個人番号の通知が始まった。
 2013年5月に成立したマイナンバー法では、来年1月から税金、社会保障、災害関連の3分野を中心とした行政手続きで番号を活用すると定めていた。そして、附則第6条では、施行後3年を目途に国民の理解を得つつ利用範囲を見直すものと規定していた。また医療情報については、マイナンバー法の審議段階からその機微性が重視され、マイナンバーの利用範囲から除外されていた。
 しかし、改正マイナンバー法では、施行前にもかかわらず番号の利用範囲を来年1月から特定健診にまで拡大した。その情報は、個人の血圧、尿検査や血液検査の結果等を含む、紛れもなく医療情報である。

続きを読む "マイナンバーの利用範囲拡大を阻止"

経済政策と医療政策

A.学習講演会
演題  「非正規大国」日本の格差と貧困-雇用と労働を中心に考える
講師  伍賀一道氏(金沢大学名誉教授) 
討議・意見交換
B.当面する医療政策課題と医療運動のあり方
    大川義弘
C.地域包括システムと口腔機能改善等における歯科医師の役割
    平田米里

続きを読む "経済政策と医療政策"

ものづくり・まちづくり・金沢の物語

第41回定期総会 記念講演
山出 保 氏 .png講師   山出 保 氏 (元金沢市長)
と き   2015年3月29日(日)午前10時から正午
ところ   ホテル金沢2階・ダイヤモンド
     (堀川新町1-1℡076-223-1111)
対 象   関心のある人ならどなたでも(定員200人)
参加費   無料
申し込み 必要  第41回記念講演申し込み書.pdf
主催      石川県保険医協会

続きを読む "ものづくり・まちづくり・金沢の物語"

休業保障制度は素晴らしい

 院長が病気やケガで不在になりますと、特に一人開業医の場合は休業せざるを得なくなります。1カ月以上続いた場合、人件費等の日常経費と借入金の返済等が重くのしかかり、医院経営は成り立たなくなります。その時に、公的な保障はありませんので、自分で対応しなければなりません。また、医療従事者を確保し、代診医を手配して診療活動を継続しようとしますと、所得以上の経費がかかります。その時に、所得保障などの損保保険では足りません。所得以上の対応ができる、保険医協会独自の手厚い制度、休業保障に加入していますと、安心して療養に専念できます。そして、地域医療も守ることができます。
 共済制度は会員にとって素晴らしい制度です。元気な若いうちに休業保障に入ることをお勧めします。勤務医の方も将来のために検討ください。

石川県歯と口腔の健康づくり推進条例

すべての住民が生涯にわたって格差なく口腔機能を維持するために
 これまで、健康診査などでにおいて、成人・労働者を中心に医科・歯科の間に大きな差があった。基盤となる地域保健法に、保健所の行う事業として「歯科保健(歯科衛生)に関する事項」が法律本文に明記され、健康増進法にも基本方針の内容として「歯の健康の保持」が規定されているにもかかわらず、個別法において歯科に関する検査項目の規定がないために、成人・労働者を中心に歯科健診はほとんど行われていない。

続きを読む "石川県歯と口腔の健康づくり推進条例"

ページの先頭へ戻る