金沢在宅NST経口摂取相談会

金沢在宅NST経口摂取相談会 第3回 チャレンジセミナー

第3回 チャレンジセミナー.jpg     口から食べられる幸せを応援しています。
日 時  平成28年3月7日(月)午後6:50~8:45(開場6:30)
会 場  石川県リハビリテーションセンター4階 研修室 
      石川県金沢市赤土町ニ13-1 電話 076-266-2860
   *石川県済生会金沢病院ではありませんので、ご注意ください
対 象  医療・介護・福祉関係者
参加費 無料
定員  90人
[主催] 金沢在宅NST経口摂取相談会 代表:小川滋彦
 お問い合わせ先 TEL 076-261-8821  FAX 261-9921
[共催] 石川県言語聴覚士会

続きを読む "金沢在宅NST経口摂取相談会 第3回 チャレンジセミナー"

食べるための姿勢を考える(車椅子編)

金沢在宅NST経口摂取相談会
第2回 サポーター限定研修会.JPG 第2回 サポーター限定研修会
研修内容 1.車椅子姿勢と調整方法について考えよう。
       みんなで体験しよう(実技あり)
     2.食事について(姿勢や感覚情報、手の使い方)、
       もう一度考えよう 
講  師   映寿会みらい病院 理学療法士 神野俊介
              金沢西病院 作業療法士  白山武志

   第2回 サポーター限定研修会 ポスター.pdf

続きを読む "食べるための姿勢を考える(車椅子編)"

MROラジオで金沢在宅NST経口摂取相談会を紹介

 熊走先生と手塚さんが2015年8月25日(火)のMROラジオに出演し、金沢在宅NST経口摂取相談会を紹介しました。テーマは「口から食べるを続けたい、何をどれくらいなら、どんな工夫をすれば食べられますか」(収録の関係で、2部に分かれています。)

続きを読む "MROラジオで金沢在宅NST経口摂取相談会を紹介"

金沢在宅NST 経口摂取相談会発足10周年

はこまちダイニング メグ金沢1.JPG 6月27日(土)、はこまちダイニング メグ金沢にて、「相談会発足10周年記念の会」を開催しました。これを機に相談会のダブルチェアマンや副代表が若返り、これからの10年に更なる展望が開けました。
 振り返れば、平成16年9月8日に金沢・在宅NST研究会が発足しました。平成17年6月に「経口摂取ワーキング・グループ」として活動を開始し、平成19年6月に「経口摂取相談会」を結成しました。独自の経口摂取チェックリストを作成し、在宅患者・主治医・経口摂取相談会の相互関係を明確にするためフローチャートも考えました。そして、依頼を受けますと、各専門職5名程度がボランティアで摂食・嚥下障害患者宅を訪問し、チェックリストを記入し、その結果を踏まえて月1回の相談会でメンバー全員が合議し、経口摂取の合否やアドバイスを検討し、主治医に報告書を作成します。その後、介入方針も検討しています。また、チャレンジセミナーやサポーター限定研修会を開催し、他団体への出前講座や先進施設への視察も行うようになりました。

続きを読む "金沢在宅NST 経口摂取相談会発足10周年"

金沢在宅NST 経口摂取相談会が先進的取り組みとして紹介される

 昨年11月に三菱総合研究所 人間・生活研究本部 社会保障政策グループの訪問取材を受けた報告書が完成した。この事業は食支援に焦点を当てて、先進的な食支援に関する地域活動を展開している全国7カ所についてヒアリングを行ったものである。 
 石川県における摂食・嚥下の取り組みは、能登地域における取り組みと金沢地域の取り組みに大別される。能登地域における取り組みは脳卒中連携パスを中心に能登食形態マップ等能登全域で採用された共通のツールを使った各自の取り組みが発展している。金沢地域においては、金沢在宅NST 経口摂取相談会が症例を多職種で訪問評価・診断した後に介入方針を検討する。という学びかつ実践の場を提供している。

続きを読む "金沢在宅NST 経口摂取相談会が先進的取り組みとして紹介される"

I(あい)スケール

石川県栄養士会 食事形態スケール                   2014年10月2日
Iスケール.jpg これまで同じ食事形態なのに、病院や介護施設によつて、複数の名称が存在していました。そのため、転院・転所や退院される場合に食べられる食事形態の情報を正しく伝えることができませんでした。そこで、石川県栄養士会が、食事形態の情報を共有できるように、主食・副食・とろみの「Iスケール」を作成しました。イメージ写真で分かりやすく、また、日本摂食嚥下リハビリテーション学会の「学会分類2013(食事)」との整合性も持たせてあります。ただし、Iスケールならび順と食事形態のアップとは一致しません。今後、これらが普及・活用されれば、連携に役立ち、そして、摂食嚥下機能低下の方々が安全に食事できる一助になると思います。

続きを読む "I(あい)スケール"

平成27年度介護報酬改定に関する歯科分野のパブリックコメント

 歯科保険医療機関は算定しないが、介護保険施設(特養、老健、介護療養型等)が算定する加算に変更があった(口腔衛生管理体制加算と口腔衛生管理加算=いずれも名称変更と加算の引き下げ。経口維持加算=再編および加算の引き下げ、療養加算の引き下げ)。加算のマイナス改定自体問題であるが、それ以前に歯科医師・歯科衛生士と介護保険施設が連携して実施する口腔ケアに係る技術的助言および指導、口腔ケアについて、歯科医師・歯科衛生士に対する評価がなされていないことは大きな問題である。

続きを読む "平成27年度介護報酬改定に関する歯科分野のパブリックコメント"

金沢在宅NST経口摂取相談会チャレンジセミナー 2015

チャレンジセミナー27年 2.jpg     口から食べられる幸せを応援しています。
日 時  平成27年3月2日(月)午後7:15~9:00(開場6:45)
会 場  ホテル金沢4階 金沢市堀川新町 1番1号
対 象  医療・介護・福祉関係者
参加費 無料
[主催] 金沢在宅NST経口摂取相談会 代表:小川滋彦
 

続きを読む "金沢在宅NST経口摂取相談会チャレンジセミナー 2015"

摂食姿勢について「姿勢が変われば嚥下が変わる」

サポーター限定研修会.JPG講演と実技
14日(月)午後7時から金沢在宅NST経口摂取相談会主催のサポーター限定研修会「姿勢が変われば嚥下が変わる」がありました。50名ほどの参加があり、熱気を帯びた有意義な会でした。
 5~10cmずり落ちた状態で背板をギャッジアップした苦しい状態と「背ぬき」・「足抜き」による楽になる体験。また、大腿部と前腕、足底のクッションによるサポートやひみこタオルを体験。

続きを読む "摂食姿勢について「姿勢が変われば嚥下が変わる」"

口から食べられなくなってきた時

改訂えんげ110番パンフレット④.jpgむせが目立つようになってきた時
胃ろうしているけど食べられるかもしれないと思う時
金沢在宅NST経口摂取相談会
事務局へ相談票をFAX送信してください。
後日、当会から連絡が入ります。  

 

 

続きを読む "口から食べられなくなってきた時"

ページの先頭へ戻る