家族の歯肉

兄弟の歯肉炎

兄弟の歯肉炎1.jpg    兄弟の歯肉炎2.jpg

       兄                        妹      

続きを読む "兄弟の歯肉炎"

夫婦の歯周炎

 夫婦の歯肉の状態を見てみると、病的な歯肉形態がよく似ていたり、意欲によって改善状態が変化したりすることが分かる。妻は早期に歯周炎に罹患していたが、食生活の改善やプラークコントロールの定着、定期健診の継続により15年後も口腔機能に支障なくすべての歯牙が働いている。しかし、夫は初診当初軽度の歯周炎だったが、徐々に進行している。

続きを読む "夫婦の歯周炎"

親子の歯周炎

親子の歯周炎1.jpg 両親が重度の歯周炎のときは、子どもたちに感染している可能性が高いと考え、15,6才までに歯周検査と赤染めを勧めている。軽度なうちに発見し、早期にリスクを自覚し、悪くならないようにプラークコントロールなどを習慣化する。時期が少し遅れると進行した歯周病となることもある。子息の歯周炎も参考に。
http://www.kojimashika.net/2009/05/post-263.html#more

続きを読む "親子の歯周炎"

歯間部歯肉を自然な形に

 歯間ブラシは、単に入るから使うのではなく、その目的を考えて使用すべきである。
たとえば、歯肉に炎症があり出血するから使用するなど。
 特に若年者では、歯肉の可能性を考えて、歯間部歯肉が自然な形になるように、歯間ブラシを使わないプラークコントロールも一つの選択肢として考えている。

続きを読む "歯間部歯肉を自然な形に"

ページの先頭へ戻る