舌小帯異常

小児歯科医の日常臨床紹介と医師の方々へのお願い

講 師 近藤政子氏(近藤クリニック・日本小児歯科学会認定専門医)
第34回 なんでも学術!なんでも回答?よろず勉強会
シリーズ●医科会員のための歯科講座●
と き 2014年9月25日(木)19:15~20:45
ところ 近江町交流プラザ 4階研修室1
対 象 保険医協会会員(参加は無料です)
主催 石川県保険医協会/学術・保険部

続きを読む "小児歯科医の日常臨床紹介と医師の方々へのお願い"

舌小帯異常

 舌の下のひだ(舌小帯)が強すぎますと、舌が口の外へ出なかったり、先端がくびれたり、先端が 上あごに付かなかったりして、発音に影響することがあります。また、著しい場合は哺乳障害を起こします。この場合は短い舌小帯を切って長くしてやる必要があります。
 もう1つの役割として舌の筋肉は、頬や口唇の筋肉などと協調して歯をいい位置に保つ働きがあり、舌は歯を外側に押し出して内側に倒れないようにバランスを保っています。

舌小帯異常1.jpg     舌小帯異常2.jpg

 

舌小帯異常3.jpg    舌小帯異常4.jpg

      術後1ヶ月舌の先端はくびれなくなり、上あごにつくようになる

舌小帯異常による発音への影響について

続きを読む "舌小帯異常"

ページの先頭へ戻る